洗濯機 設置 失敗

洗濯機取り付けの際のトラブルは水漏れが殆ど

洗濯機の水漏れ

全自動洗濯機設置は素人でもできると言われていますが、実際に設置して、その後不具合やトラブルとなったケースにはどんなものがあるのでしょうか。

以下、管理人が調べて見つけた洗濯機設置トラブル例ですが、やはり水漏れが殆どです。

給水取り付けの失敗で水漏れを起こす

洗濯機の振動等が原因でホースが蛇口から外れてしまい水漏れトラブルになったケース。

洗濯機への給水に使う蛇口は通常開きっぱなしにしている人が殆どでしょう。

いちいち蛇口を閉めるのは面倒ですから。

ただし、常に水圧がかかっている状態ですので、ホースが外れやすいという危険があります。

万が一、蛇口と洗濯機のホースが外れた場合、開いた蛇口から水がそのまま漏れる事故につながりますね。

こういった事故を防ぐ為には、もしホースが外れた際には緊急止水弁の作用で水が自動で止まるストッパーつきの水栓ジョイントを利用します。

ちなみに、2階以上で階下への浸水になった場合、損害倍賞が発生するケースも。

また自宅で1階だとしても、壁や床への被害が出る恐れがあります。

真下排水ホースの取り付けに失敗で水漏れ

最近の洗濯機では真下にホースが来る機種があります。

専用のパーツ等を利用して排水ホースと排水口を接続しなければなりません。

きちんと接続しないと、一見問題ないように見えても、時間の経過とともにホースが浮いてモーターとの接触や洗濯機の振動も重なり、ホースが破けて水漏れが起こる場合があります。

防水パンを設置していない場合、水漏れは即座に床を直撃します。

防水パンがあったとしても、水漏れに気付くのが遅れればやはり床から広がり階下への浸水にもつながります。

当然ですが、給水と排水のどちらかから水漏れが起こるわけで、洗濯機設置ではこの両方をしっかり行うのがポイント。

ただつなぐだけ、とはいえ、パーツの種類や締め具合、ホースの長さ等、トラブルを防ぐ為にはコツが必要です。

重い洗濯機を動かす体力と、上記の作業に自信が無ければプロに依頼する方が、結局は安上がりかもしれません。