洗濯機 設置 料金

洗濯機の種類や階数など、条件によって設置料金はかなり差がある

洗濯機の設置を業者に依頼すると料金はいくらくらいかかるのでしょうか?

洗濯機の設置だけを依頼したい場合は、専門業者に依頼する

自力で引越したり、友人から譲り受けたり、通販やオークション等で購入して玄関先迄の配送だったりで、洗濯機の設置だけを依頼したい場合は、専門業者に依頼します。

洗濯機メーカーに電話して、近所の系列電器店を紹介してもらうか、インターネットや電話で専門業者を探して依頼するといいでしょう。

例えば、ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマトの引越し)では引越しをしていなくても、設置だけ依頼することが可能です。

ヤマトの洗濯機設置に関する料金は以下になります。

  • 全自動洗濯機の場合 ⇒ 取りはずし工事 1500円(税抜)、取り付け工事 3000円(税抜)〜

  • ドラム式洗濯機の場合 ⇒ 取りはずし工事 5000円(税抜)、取り付け工事 9000円(税抜)〜

また管理人がネットで確認した全国対応の電機工事業者A社の場合、

  • 全自動洗濯機の場合 ⇒ 取りはずし工事 2000円(税抜)、取り付け工事 3000円(税抜)

  • ドラム式洗濯機の場合 ⇒ 取りはずし工事 4000円(税抜)、取り付け工事 6000円(税抜)

でした。

全自動かドラム式かまた、階数やエレベーターの有無などによって設置料金にかなり差があります。

自分で引越しした場合、せっかく節約した意味がなくなってしまうほどの料金かも。

ちなみに、新品を購入したのであれば、購入店舗で設置を依頼できます

販売店によって無料、有料様々です。

例えば全自動洗濯機の場合、ビックカメラ958円税別、ケーズデンキ無料、ヨドバシ1000円税別となっています。商品購入に付帯するサービスとして、さすがに安価な設定になっていますね。

洗濯機は自分で設置することも十分に可能な家電です。

取扱説明書をしっかり読み、設置先のスペースサイズや場所、必要なパーツを確認し、できれば二人で行うようにすればたいていは自分で設置できる、という声が殆どです。

(ドラム式の場合、重量がかなりありますので、一人では多分難しいでしょう。)

注意したいのが給水の取り付け。

ジョイント部分が外れてしまった時、ストッパーつきでないパーツを使用していると、室内が大洪水になる可能性が。

集合住宅で2階以上に住んでいて、旅行や外出で気付かない時間が長いと、階下への被害が深刻。 補償の金額がとんでもないことになったというニュースも散見されますので、絶対に注意が必要です。

新しく購入した洗濯機は購入店に設置を依頼するのが一番安くて安心だと思いますが、引越しで設置のみ必要になる場合は引越し業者に依頼するのが一番簡単でしょう。

引越し業者によっては別料金がかかる場合もありますが、見積りの段階で値引き交渉が可能です。

引っ越し料金全体に含まれると考え値引き交渉すれば、別料金だとしても納得のいく金額になる可能性があります。

見積もりを比較して、安い引越し業者を見つけましょう

ネットの一括見積りなら、同時に複数業者に見積りが依頼できるだけでなく、洗濯機だけの引越しをやってくれる業者も見つかり、簡単に料金比較ができるのが便利。

どの業者が対応してくれるのか、無理なのかを1社ずつ探して見積り依頼するより、ずっとラクで確実です。

引越し料金は業者や時期によって最大で50%も安くなる場合もありますので、洗濯機を安く引越したいならまずは見積り比較してみましょう。

▼ エリアや条件に合わせ、引越し業者200社以上の中から、希望の業者に見積りが可能です。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

料金とサービスを比較して、あなたにビッタリのお得な引越しを見つけてください。

 格安で洗濯機を運んでくれる引越し業者を探す!