引越し 洗濯機

洗濯機の取付けは電気工事スタッフに依頼

洗濯機の水漏れ

洗濯機の取り外し→引越し→取り付け設置は、引越し料金に最初から含まれている場合が多く、殆どの方はそのままやってもらうのが一般的です。

ただし、作業員は取り付けに慣れているとはいえ、電気工事や水道工事の資格や免許を持っているわけではありません。あくまでサービスとしてやっているのが現状です。

洗濯機のトラブルで最悪なのが水漏れです。

排水ホースが外れて水漏れした場合には、洗濯1回分の水が漏れるだけで済みますが(それでも大変ですが)給水ホースが外れた場合、自動止水の器具がついていないと延々と水が流れ、階下迄水浸しということにもなりかねません。

外出中であれば、気づくこともできません。リフォーム費用は100万円単位となってきます。

もし運送会社の作業員が取り付けした場合、損害賠償を請求できないケースが殆どのようです

(こういったケースがあったせいからか、あくまでもサービスなので、水濡れなどのトラブルは補償対象外になるといった書類にサインを要求してくる業者が多いようです)

電気工事スタッフが取り付ければ、そもそも取り付けも万全ですし、万が一のトラブルにも対応してくれて補償もあります。 (事前に確認しましょう)

洗濯機取り付けの費用は5000円前後ですので、引越しの見積りを依頼する際に、洗濯機の取り付けオプションサービス(電気工事スタッフに依頼)を頼んでみてはいかがでしょうか。