洗濯機 防水パン

洗濯機パンを設置しない住宅も増えている

防水パンがないと?

洗濯機を設置するスペースに防水パンが有る場合と無い場合がありますが、どうしても必要なものでしょうか?

防水パン(洗濯機パン)とは排水口のついた受け皿、万が一洗濯機から水漏れがあった場合、室内や階下への漏水を防ぐ為に設置しています。

ただし、洗濯機の排水ホースから水漏れが起こることは滅多に無い、という理由により、設置しない住宅も増えています。

一般的に賃貸住宅の場合、管理会社や大家さんが設置する、しないを決めているので、入居者が勝手に洗濯機パンをつけたり外したりすることはできません。
(設置したい場合に希望してみるのはよいと思いますが)

ただ、階下への水漏れ、室内浸水等が発生すると、甚大な被害となる為、賃貸住宅では今でも洗濯機パンを設置されていることが多いようです。

ではなぜ設置していな住宅があるのでしょう?以下が理由としてあげられているようです。

check そもそも水漏れ事故は殆ど起こらない

check 掃除しにくい

check 見た目がダサい

check サイズが合わない洗濯機が増えている

check 将来、洗濯機の買替えが防水パンのサイズに左右され面倒になることがある

>ネットのQ&Aサイトでも、設置しなくてもいいと思うとか、我が家にもありませんが問題ないです、などと答えている人は結構多いです。洗濯機の水漏れ事故はおそらく、滅多に起こらないのだと思います。

防水パンの設置をする、しないが選べるのであれば自己責任でよく考えて決めるようにしてください。

設置しないのであれば、排水ホースの接続をしっかりし、排水溝の詰まり等が無いように点検を怠らず、給水蛇口は利用時以外は閉じるなどを徹底しましょう。

また万が一に備えて、火災保険でどの程度補償ができるかどうかも確認しておいた方がよいでしょう。