引越し 洗濯機

洗濯機の引越しは引っ越し料金に含まれるの?

洗濯機を運んでくれる引越し業者

洗濯機の取り外し、設置取り付け料金は引越し料金に含まれていることが殆どです(部品が必要な場合は別料金)。

今使っている洗濯機や冷蔵庫を新居引越し先でも使う場合は、引越し業者がやってくれるので、準備や手続き不要で任せることができます。

例えばクロネコヤマトの場合、ホームページには
「テレビと洗濯機は、当社スタッフがセッティング!
引越し後、すぐに使いたいというご要望にお応えします。」
と記載されています。

また、アリさんマークの引越社、ダック引越センター、サカイ引越センターも同様で洗濯機と冷蔵庫の設置は引越し作業に含まれているサービスのようですが、アート引越センターは洗濯機の取り付けはオプションとなっています。

 格安で洗濯機を運んでくれる引越し業者を探す!

新居での洗濯機設置場所を確認しておく

洗濯機をそのまま新居でも使用する場合、新居に設置できるかどうか、事前確認が必要です。

新居の洗濯機の設置場所

最近の新築では減っていますが、洗濯機用防水パンが設置されている物件ならサイズが合っているかどうか、特にドラム式、乾燥機付といった大型洗濯機の場合は、搬入経路が確保できるかどうかにも注意が必要です。

また、蛇口の形状も念の為に確認しておきます。

通常、接続部分は横水栓(ハンドルをひねるタイプ)か分岐水栓(洗濯機専用)のいずれかが殆どです。

現在の蛇口と異なる場合、部品が必要かどうか等取扱説明書で確認するか又はメーカーのサポートセンターに聞いておくと安心です。

引越し当日に設置できなかった場合、処分にも困る上、すぐに洗濯機が使えず本当に不便。

必ず事前に確認しておきましょう。

洗濯機の水抜きのやり方は?

引越し前日迄に行う準備として洗濯機の水抜きは済ませておきましょう。

洗濯槽に水が溜まっていなくても、給水ホース、排水ホースには水が残っていることが多く、そのまま運搬すると水漏れを起こし、他の荷物を濡らすことがあるからです。

全自動洗濯機の水抜きの作業方法のポイントは一般的に以下の通りです。

引っ越し前日迄に洗濯機の水抜きは済ませましょう。
  1. 水道栓を閉めてから洗濯機のスタートボタンを押す

  2. ホース内の水が抜ける

  3. 給水ホースを取り外してから電源を切る

  4. 再度電源を入れて、脱水のみを手動設定して実行

  5. 脱水が止まったら、洗濯機のフタを開け、洗濯槽についている水分をタオルでふきとってから排水ホースを取り外す

  6. 排水ホース内部の水分を全て流し出す

以上で水抜きは完了します。

洗濯機を傾ける、という方法でも可能ですが、全自動洗濯機は横倒しが故障の原因となるので、傾けるのはあまりオススメできません。

尚、ドラム式洗濯機の場合は給水ホースの水抜きの後、排水ホースの水抜きの前に、糸くずフィルター部の水抜きも行います(上記の3.と4.の間です)。

  • 洗濯機の電源を入れ、脱水のみで1分運転します。

  • 脱水が終了したら「糸くずフィルター」つまみを緩めながら、
    洗面器等を受け皿に用意して水を出していきます。

  • 水が抜けたら、糸くずフィルターを引き出し、タオルで拭いて元に戻します。

水抜きが終わったら、電源コードやアース線、排水ホースは、ビニールの袋に入れてから、洗濯機本体にテープ等で固定しておくと万全です。附属品を1つでもなくすと、正しく設置できなくなりますので気をつけましょう。

また、アース線が取付けてある場合、アース端子のカバーを開き、ねじを左に回し、緩んだところでアース線を引っぱって抜きます。

給水ホースのついていた「蛇口」と、排水ホース側の「エルボ」、この2点は建物側の備品ですから賃貸住宅の場合、必ず置いていきます。もし持ち出してしまうと、管理会社から元に戻すように言われ、無理であれば敷金から引かれることもありますので気をつけましょう。

尚、蛇口側についている「ニップル」は入居時に自分が用意したものなので忘れずに持って行くようにしましょう。

さらに、引越し前日に洗濯機を掃除しておくと完璧です。

普段手が回らないフタの内部や溝、洗濯槽上部や中等、ホコリと水分のゴミやカビ等をふきとるとかなりキレイになります。余裕があれば水抜きの前後に掃除するのはオススメです。

(できれば排水ホースは是非掃除しましょう。排水ホースは普段外せないパーツですが、カビや汚れで悪臭の原因となることもあります。外した時しか掃除できませんので、よい機会です。)

上記の通り、水抜きにはたいして時間はかかりません。

余裕をみても引越し開始時刻の2時間前で十分間に合います。

引越し前日夜迄、使っても水抜きは間に合いますので、問題ありません。

また、水抜きした後に洗濯機を揺らすとまだ水音がする、という声がありますが、これは振動防止の為に搭載されている液体バランサーという部品の音。漏れることはありませんので安心してください。

(尚、脱水が終わった状態の洗濯機は水が残っていないことと、給排水ホースの水は引越し業者が抜いてくれるはず等の理由から自分で洗濯機の水抜きをする必要はない、という意見もあるようです。

調べてみたところ、洗濯機メーカーSHARPのサポートページでは移動前に水抜きをするよう促してありました。一般的には水抜きを事前にするべきだと言われますが、気になる方は依頼する引越し業者に確認するとよいでしょう)

洗濯機の引越しと設置の注意点

洗濯機の引越しをもしも自分でする場合、運搬と設置にはいくつかの注意点があります。

詳細については必ず取扱説明書を読んで準備しておき、分からない点はメーカーに直接確認しましょう。

※引越しの際の移動・運搬の注意点

引越しの際、洗濯機は横積みしないよう運び方には注意が必要

洗濯機は基本的にメーカーのホームページでも横積み搬送厳禁とされています。横倒しにした状態で運搬すると、揺れて故障の原因になる恐れがあるからです。

また人間が運ぶ際も出来る限り立てた状態で運ぶようにし、どうしても横倒しが必要な場合は真横にせず、上部を下部より高くするように持ち、揺らさないように気をつけましょう

そして斜めドラム式洗濯機は、輸送時に専用ボルトでドラムを固定する必要があります

購入時にボルトは外してあり、取扱説明書と一緒にされているケースが多いようです。

このボルトを取り付けてから運ぶことが絶対条件です。

引越し業者に依頼した場合でも、ボルトが無いと運搬を断られることがありますので、動かす前に必ず準備しましょう。

※引越し先での設置の注意点

洗濯機の置き場所は通常戸建でも集合住宅でも決められていますが、排水溝の位置、防水パンの形等によって設置方法が変わりますので、引越し先での置き場所は事前に確認しておきましょう。

まず設置の際、洗濯機を水平に設置しましょう。

洗濯機についている水平器や市販の水平器を利用して設置します。

傾きがあれば、前側の足部分で調節して下さい。

次に大事なのは給水のジョイントです。

洗洗濯機設置の際の注意点

取り付けが不完全で万が一ホースが外れれば水漏れにつながります。

不在時等気付かないうちに室内が大洪水だけでなく、階下迄浸水すれば甚大な被害を招く恐れもあるのです。洗濯機取り付けの際のトラブル

自分でジョイント部分の蛇口を用意する場合、必ず全自動洗濯機用のオートストッパーつき蛇口(給水ジョイント)を用意しましょう。(最近のマンション等の集合住宅では最初からそういった蛇口がついている場合もあります)

もしも、ホースが蛇口から外れても自動的に水が止まる仕組みになっていて安心です。

(ホームセンター等でも購入可能です。費用は3000円程度。)

どれを選べばよいか不安なら洗濯機のメーカーや販売店に確認してみてください。

これが用意できれば、取り付けは簡単でほぼ誰でも交換が可能と言えます。
(取り付けて、つなぐ為に差し込むだけ)

排水については、排水ホースを排水溝へ入れるだけです。

ビニールテープで固定すれば万全です。

洗濯機だけの引越し料金は?

洗濯機の運搬費用は?

洗濯機だけを新居となる引越し先や実家、友人宅等へ送りたい場合、料金はいくら位かかるでしょうか?

クロネコヤマトにはらくらく家財宅急便サービスがあります。

洗濯機の大きさと距離に応じた運送料で梱包開梱もやってくれます。つまり、ダンボールで梱包するといった準備は一切必要ありません。

ただし、取り付けは別料金、搬出搬入にエレベーター等が利用できず、
吊り上げ吊り下げが必要な場合も別料金
となります。

条件によって費用は5,000円前後から10,000円前後になるようです。

また、一般的な引越しでも、洗濯機の搬出や搬入に吊り作業(手吊りまたはユニック、クレーン)が必要な場合は追加料金が発生する業者が多いです。

引越し業者の公式サイトに金額を明記している業者は少ないのですが、いくつか探してみると

吊り作業が必要な場合、洗濯機の引越し料金は高くなる
  • 【ムービングエス】 

    手吊り作業18000円〜  ユニック車20000円〜

  • 【アリさんマークの引越社】

    追加料金無し(手吊り作業のみ)

  • 【ヤマトホームコンビニエンスらくらく家財宅急便】

    料金別途相談〜ちなみに2階限定で家具の吊り上げ・下げは10000円税別です。(家電製品の吊り上げ・吊り下げはクレーンを使用します)

となっています。

※ユニック車とはクレーンを装備したトラックのことです。

※一般的にはユニック作業は12000円〜30000円程度のようです。

洗濯機だけの引越しの場合には吊り作業の有無で費用がかなり変わってくるといえるでしょう。

また、アーク引越センターの「大物限定プラン」、ダック引越センターの「家具だけプラン」で洗濯機等大型家具家電のみの引越プラン設定がありますが、料金は要確認となっています。

洗濯機の引越しはプロの業者に任せるのが安心

洗濯機を送るだけならクロネコのような「荷物配送」サービスを探して利用するのも安いですが、赤帽や荷物が少ない引越し、各社の単身引越しパック等も時期や時間帯等を選ぶとかなり安くなるので、比較するのがオススメです。

しかも通常の引越し作業では、取り外し、運搬、取り付け設置には追加料金が発生しないケースが多いので、安心です。

洗濯機は横倒しにすると故障の原因となることや自分で梱包するのはかなり大変であること、また運び出しも一人では危険で、壁、手すり、階段、別の家具に傷をつける可能性もあります。

(ドラム式洗濯機の場合、重量は大体80s前後とかなり重いです。最低でも男性が2名必要ですし、狭い脱衣所から水平状態で運び出すには力だけでなく、コツも必要です。)

さらに、取り付けは知識の有る人が確実に行わないと、給水、排水後の水漏れなどで階下が水浸しとなり、とんでもない補償費用が発生することも

このような危険を考えると、自力で運ぶより、プロに任せた方が安心ですし、
結局安上がりといえるでしょう。業者に依頼した場合の洗濯機の設置料金は?

洗濯機の処分方法

引越しを機会に洗濯機を処分して買い換える方もいるでしょう。

洗濯機は家電リサイクル法により粗大ごみとして処分できません

処分方法には主に以下の3つになります。

  1. 新品を買う小売店に依頼する
  2. 今の洗濯機を購入した小売店に依頼する
  3. リサイクルショップに依頼する

洗濯機は家電リサイクル法でリサイクルが義務付けられていますので、粗大ゴミとして処分できません。持ち主は収集運搬料金とリサイクル料金を負担しなければなりません。→家電リサイクル法

引越しを機会に買い替える場合は購入先に依頼すれば新品搬入と同時に処分してもらえます。

処分だけする場合はその洗濯機の購入先に依頼できますが、閉店や移転等で近所に無い場合は、自治体に連絡すれば搬入場所、搬入方法などを教えてもらえます。

洗濯機の家電リサイクル料金は、2300円(税別)程度(メーカーによって異なります)、収集運搬料金は(業者によって異なりますが)1500円前後が一般的です。

またリサイクルショップに依頼する場合、状態によって、買取ってもらえることもありますが、値がつかず、引き取り料金の方が高い場合もあるので注意して下さい。

洗濯機には製造情報のラベルが添付されています。

リサイクルショップに型番を伝えれば、買い取れるか有料引取りかの区別はつきますので、電話して確認してみるのも一つの方法です。

洗濯機だけでも運んでくれる格安業者を簡単に見つける方法は?

見積もりを比較して、安い引越し業者を見つけましょう

洗濯機だけを新居などへ送りたい場合、ヤマトのらくらく家財宅急便のように家電の単品配送を請け負う便利なサービスもありますが、家電の取り付けや取り外しには別途オプション料金もかかり、最安値とは限りません。

他にも洗濯機だけを運んでくれる格安引越し業者はありますし、格安な単身引越しパック等とも料金比較してみることをおすすめします。

また、洗濯機は家具と異なり、取り外しと設置取り付けが必要です。素人でも出来ないことはないのですが、様々な体験談を読むと、
引越し業者に頼めばよかったという後悔の声も少なくありません。

故障や破損、設置後のトラブル等を考えれば、新居での家電関係はお金を払ってでも引越し業者などのプロにお願いした方が安全ではないかと思います。

冷蔵庫や洗濯機など大型家電の場合、距離と大きさ以外にエレベーターの有無でも引越し料金が変わってくるので、引越し一括見積もりサービスで料金比較をしてみてはいかがでしょう。

ネットの引越し一括見積りなら、同時に複数の引越し業者に見積りが依頼できるだけでなく、洗濯機だけの引越しをやってくれる業者も見つかり、簡単に料金比較ができるのが便利。

どの引越し業者が対応してくれるのか、無理なのかを1社ずつ探して見積り依頼するより、
ずっとラクで確実です。

引越し料金は業者や時期によって最大で50%も安くなる場合もありますので、
洗濯機を安く引越したいならまずは見積り比較してみましょう。

▼ エリアや条件に合わせ、引越し業者200社以上の中から、希望の業者に見積りが可能です。

      

入力は初めてでも簡単、僅か1〜2分!しかも無料!

料金とサービスを比較して、あなたにビッタリのお得な引越しを見つけてください。

 格安で洗濯機を運んでくれる引越し業者を探す!